跳转到主要内容
版本:26.倍

Jest CLIオプション

开玩笑のコマンドラインランナーは多くの便利なオプションを持っています。笑话——帮助亚搏取款を実行することで使用可能な全てのオプションを見ることができます。以下に示すオプションの多くは任意のテストを実行する際に利用できます。Jestの各設定オプションはCLI経由で指定する事ができます。

以下に簡単な概要を示します。

コマンドラインから実行する#

全てのテストを実行する(既定値):

开玩笑

パターンやファイル名で指定されたテストのみ実行する:

笑话我的测试 #或
/ / my-test.js jest路径

Hgやgit(の未コミットファイル)に基づいて変更のあったファイルに関連したテストを実行する:

jest - o

路径/ / fileA.js路径/ / fileB.jsに関連したテストを実行する:

jest——findRelatedTests path/to/file .js path/to/file .js

スペック名に一致するテストを実行する(基本的には描述または测试内にある名前との一致を確認する):

jest - t name-of-spec

ウォッチモードで実行する:

开玩笑,看 #默认运行jest -o
笑话——watchAll #运行所有的测试

ウォッチモードにより特定のテストセットにフォーカスするためにファイル名やファイルパスを特定することも可能となります。

纱で使用する#

Jestを纱线测试で実行する時は,コマンドライン引数をJestの引数として直接渡せます。

下のコマンドの代わりに

jest - u - t = “选择器”

このように使用できます:

测试 - u - t = “选择器”

npm脚本を使用する#

npm测试でJestを実行する場合でも,npm测试とJestの引数との間に--を指定することで,コマンドライン引数を使用できます。

下のコマンドの代わりに

jest - u - t = “选择器”

このように使用できます:

npm 测试 - - - - u - t = “选择器”

キャメルケースとダッシュ区切りの引数#

Jest支持驼峰格式和虚线arg格式。下面的例子会有一个相同的结果:

笑话——collect-coverage
笑话——collectCoverage

2種類の引数の形式を併用することもできます。

笑话——update-snapshot detectOpenHandles

选项#

注意:CLIのオプションは配置の設定値に優先します。


参考#

jest < regexForTestFiles >#

引数を付けて开玩笑コマンドを実行した場合,その引数はプロジェクト配下のファイルを照合する正規表現として扱われます。パターンを与えてテストスイートを実行することができます。パターンに一致するファイルだけが選択され,実行されます。端末によっては,次のように引数をクオートで囲む必要がある場合があります。开玩笑”我。*(复杂的)?模式”また,Windowsではパスの区切りとして/を使用するか。”をエスケープして“を使用する必要があります。

——保释#

エイリアス:- b。失敗したテストスイートの数n回に達した場合に直ちにテストスイートを終了します。デフォルトの回数は1です。

——缓存#

キャッシュを使用するかを指定します。既定値では真正です。キャッシュを無効化するには——no - cacheを指定します。注意:キャッシュの無効化はキャッシュに関連した問題が発生した場合のみ行って下さい。概して,キャッシュの無効化によりJestの実行時間は2倍になります。

キャッシュの内容を調べるには,——showConfigを使用して,cacheDirectoryを確認してください。キャッシュをクリアする必要がある場合は,——clearCacheを使用してください。

——changedFilesWithAncestor#

現在の変更と最後のコミットによる変更に関係するテストを実行します。——onlyChangedと同様に動作します。

——changedSince#

指定されたブランチもしくはコミットハッシュ値以降の変更に関係するテストを実行します。現在のブランチが指定されたブランチと大きく異なる場合,ローカルで行われた変更点のみがテストされます。——onlyChangedと同様に動作します。

- - - ci#

このオプションが指定された場合,JestはCI環境で実行されていると仮定します。この事によって新しいスナップショットが発生したときの挙動が変わります。自動的に新しいスナップショットを保存する通常の動作ではなく,テストを失敗させてJestに——updateSnapshotオプションを指定するように要求します。

——clearCache#

Jestのキャッシュディレクトリを削除し,テストを実行せずに終了します。Jestのデフォルトのキャッシュディレクトリか,もしくはオプションが渡された場合はcacheDirectoryを削除します。デフォルトのキャッシュディレクトリは笑话——showConfigコマンドで確認できます。注意:キャッシュをクリアすると,パフォーマンスが低下します

——collectCoverageFrom = <水珠>#

glob模式相对于rootDir匹配需要从中收集覆盖率信息的文件。

——颜色#

標準出力が端末でなくても強制的にテスト結果を強調して表示します。

——配置= <路径>#

別名:- c。テストの探索と実行の方法を指定するJestの設定ファイルのパスを引数に指定します。如果没有rootDir当在配置文件中设置时,包含配置文件的目录假定为rootDir为这个项目。引数にJSON形式の値を与えることでもJestは設定として使用します。

——覆盖(= <布尔>)#

エイリアス:——collectCoverage。テストのカバレッジ情報が収集され出力に表示されるべきであることを指定します。布尔> <の値により設定オプションを上書きします。

——coverageProvider = <供应商>#

指示应该使用哪个提供程序检测代码的覆盖率。允许的值是巴别塔(默认)或v8

注意,使用v8被认为是实验性的。这使用了V8的内置代码覆盖,而不是基于Babel。它没有经过很好的测试,而且在Node的最近几个版本中也得到了改进。使用最新版本的node(撰写本文时为v14)将产生更好的结果。

——调试#

Jestの設定に関するデバック情報を出力します。

——detectOpenHandles#

開いているハンドルを収集して出力することを試みます。これにより,Jestが何も出力せずに終了するのを防ぐことができます。Jestを潜在的な原因を追跡するために終了させるために——forceExitを使う必要がある際に,このオプションを使用してください。这意味着——runInBand,使测试串行运行。async_hooksを使用して実装されました。这个选项有很大的性能损失,应该只用于调试。

——env = <环境>#

すべてのテストに使用するテスト環境を指定します。任意のファイルまたは节点のモジュールを指定できます。例:jsdomノードまたは路径/ / my-environment.js

——errorOnDeprecated#

使调用弃用的api抛出有用的错误消息。亚搏取款有助于简化升级过程。

——扩大#

別名:- e。このフラグを指定すると差分とエラーを一部ではなく全体表示します。

——findRelatedTests < spaceSeparatedListOfSourceFiles >#

引数で渡された,スペース区切りのソースリストにあるテストを探して実行します。コミット前に最小限必要なテストを実行するフックで使うのに便利です。ソースファイルのテストカバレッジを含めるのに,——覆盖が使用でき,——collectCoverageFromでファイルを重複して指定する必要はありません。

——forceExit#

全テストが終了した後にJestを強制的に終了します。テストコードにてリソースを適切にクリーンアップできない場合に便利です。*注意:この機能は緊急の避難口のようなものです。Jestがテスト実行後に終了しなければ,外部リソースが占有されたままであったり,タイマー処理がコードを保留したままであるという事です。Jestが正常に終了できるよう各テスト後に外部リソースを開放することをお勧めします。——detectOpenHandlesで追跡することができます。

——亚搏取款帮助#

このページと同様に,ヘルプ情報を表示します。

——初始化#

基本の設定ファイルを生成する。根据您的项目,Jest将问您一些问题,这些问题将有助于生成亚搏取款jest.config.js文件,对每个选项有简短的描述。

——injectGlobals#

插入Jest的全局变量(预计,测试,描述,beforeEach等等)进入全球环境。如果你把它设置为,您应该从@jest /全局,如。

进口 { 预计 , 开玩笑 , 测试 } “@jest /全局” ;
开玩笑 useFakeTimers ( ) ;
测试 ( 一些测试的 , ( ) = > {
预计 ( 日期 现在 ( ) ) 托比 ( 0 ) ;
} ) ;

注意:此选项仅支持使用jest-circus

——json#

JSON形式でテスト結果を出力します。このモードでは他の全てのテストに関する出力やユーザメッセージを標準エラー出力に出力します。

——outputFile = <文件名>#

——jsonが同時に指定された場合にテスト結果をファイルに出力します。返回的JSON结构在testResultsProcessor

——lastCommit#

最後に行ったコミットによるファイル変更に関係するテストをすべて実行します。——onlyChangedと同様に動作します。

——listTests#

Jestが引数を与えられて実行する全てのテストをJSON形式で一覧表示し,終了します。——findRelatedTestsオプションと同時に指定することで,Jestがどのテストを実行したのかを確認できます。

——logHeapUsage#

各テスト後にヒープ使用率を記録します。メモリリークのデバッグに役立ちます。节点で-runInBand——expose-gcを指定して一緒に使用して下さい。

全国矿工工会——maxConcurrency = < >#

テストの同時実行数の最大値を設定します。test.concurrentを使用するテストにのみ影響します。

全国矿工工会——maxWorkers = < > | <字符串>#

別名:- w。テスト実行のためにworker-poolが生成する工人の最大数を指定します。在单运行模式下,默认值为机器上可用内核的数量减去主线程的1个。在watch模式下,这将默认使用机器上一半的可用内核,以确保Jest不会打扰到您的机器,也不会让您的机器陷入停顿。在资源有限的环境(如CIs)中调整这一点可能很有用,但默认值对于大多数用例应该已经足够了。

对于具有可变cpu的环境,您可以使用基于百分比的配置:——maxWorkers = 50%

——noStackTrace#

テスト結果でスタックトレースを出力しません。

——通知#

激活测试结果通知。JavaScriptのテスト以外の何かに意識を集中させてしまいたくない場合に適しています。

——onlyChanged#

別名:- o。現在のリポジトリでそのファイルに変更があったかに基づいて,どのテストを実行するのかを識別しようとします。git和hgのリポジトリでテストを実行した場合のみ動作し,静的な依存グラフが必要です(言い換えると動的な依存グラフは必要ありません)。

——passWithNoTests#

ファイルが1つも存在しなくても,テストスイートがパスするようにします。

——项目< path1 >…< pathN >#

从指定路径中找到的一个或多个项目运行测试;也采用路径globs。这个选项在CLI中相当于项目配置选项。注意,如果在指定的路径中找到配置文件,所有将运行在这些配置文件中指定的项目。

——记者#

指定されたレポーターでテストを実行します。リポーターオプションはCLIでは使用できません。複数のレポーターの例:

= =“默认”——记者开玩笑——记者“jest-junit”

——根#

Jest应该用来搜索其中文件的目录路径列表。

——runInBand#

別名:-我。子プロセスの工人池を作成せずに現在のプロセスで全てのテストを1つずつ実行します。デバッグ時に便利です。

——selectProjects < project1 >…< projectN >#

指定したプロジェクトのテストのみを実行します。Jestは各プロジェクトを識別するために,設定内の属性displayNameを利用します。このオプションを使用する場合は,すべてのプロジェクトにdisplayNameを指定してください。

——runTestsByPath#

パターンやファイル名で指定されたテストのみ実行します。

注:デフォルトの正規表現マッチングは,小規模なテストではうまく機能しますが,複数のパターンを用いる場合や,大規模なテストでは遅くなります。このオプションは,正規表現のマッチングロジックを置き換え,Jestが特定のテストファイルをフィルタリングするのに掛かる時間を最適化します。

——setupTestFrameworkScriptFile = <文件>#

各テストの前にテストフレームワークの設定やセットアップを行うコードを実行するモジュールのパスを指定します。セットアップ用スクリプトで読み込まれたファイルはテスト中でモックされないことに注意して下さい。

——showConfig#

コンソール経由でメッセージを表示しないようにします。

——沉默#

コンソール経由でメッセージを表示しないようにします。

正则表达式——testNamePattern = < >#

別名:- t。只运行名称与正则表达式匹配的测试。例えば,“GET /api/posts with auth”のような認証に関するテストのみ実行したいのであれば,jest - t =身份验证が使用できます。

注意:正则表达式是针对全名进行匹配的,全名是测试名及其周围所有描述块的组合。

——testLocationInResults#

位置項目をテスト結果に追加します。レポーターでテストの場所を表示したい場合に役立ちます。

は0でインデントされますが,はインデントされないことに注意してください。

{
“列” : 4 ,
“行” : 5
}

正则表达式——testPathPattern = < >#

テスト実行前に全てのテストのパスに対して照合する正規表現の文字列を指定します。开玩笑”我。*(复杂的)?模式”また,Windowsではパスの区切りとして/を使用するか。”をエスケープして“を使用する必要があります。

——testPathIgnorePatterns =(数组)#

在执行测试之前根据所有测试路径测试的regexp模式字符串数组。相反——testPathPattern,它将只运行路径与提供的regexp表达式不匹配的测试。

——testRunner = <路径>#

カスタムテストランナーを指定します。

——testSequencer = <路径>#

独自のテストシーケンサーを指定します。詳細については,対応する設定プロパティのドキュメントを参照してください。

——testTimeout = <数字>#

测试的默认超时时间,单位为毫秒。デフォルト値:5000。

——updateSnapshot#

別名:- u。テスト実行中に失敗した全てのスナップショットを再取得する場合にこのフラグを指定します。スナップショットを再取得するためにテストスイートのファイル名のパターンや——testNamePatternオプションを同時に利用することができます。

——useStderr#

各テストごとの結果をテストスイートの階層構造とともに表示します。

——详细#

各テストごとの結果をテストスイートの階層構造とともに表示します。

——版本#

別名:- v。バージョンを表示して終了します。

——看#

ファイルの変更を監視し,そのファイルに関連するテストを再実行します。ファイル変更時に全テストを再実行したい場合は,——watchAllオプションを指定して下さい。

——watchAll#

ファイルを監視し,何らかの変更があった場合に全テストを再実行します。変更されたファイルに依存するテストのみ再実行したい場合は,——看オプションを指定して下さい。

使用——watchAll = false要显式禁用监视模式。注意,在大多数CI环境中,这是自动为您处理的。

——守望#

是否使用守望对文件爬行。默认为真正的——no-watchmanで無効になります。